吉原で遊ぶところはソープランドだけ!

吉原での遊び場がソープランドしかないってホント? - 吉原で遊ぶところはソープランドだけ!

新着情報

◆2017/01/05
吉原で遊ぶところはソープランドだけ!の情報を更新しました。
◆2017/01/05
吉原の名物料理の情報を更新しました。
◆2017/01/05
吉原の歴史の情報を更新しました。
◆2016/12/26
企業概要の情報を更新しました。
◆2016/12/26
吉原の観光スポットの情報を更新しました。

吉原で遊ぶところはソープランドだけ!

ytjytjd吉原に行く目的は、吉原のソープ街へ行くためだと、目的は明確です。
ソープ店は特例地域として認められた場所でしか、営業する事が出来ないため、自宅近くにソープ店が存在しない。
そんな人も多いはずです。
その場合、はるばる遠方から、吉原ソープ街に訪れる人も少なくないでしょう。
そのため、せっかく来たのであれば、ソープ街以外の吉原も堪能してみてはどうでしょうか?

吉原の観光スポットは?

吉原は、東京の浅草の近くに位置するため、浅草で観光する事がお勧めです。
浅草なら、世界中から観光客が訪れる観光スポットですから、楽しむ事が出来るでしょう。
浅草は初めて訪れた場所なのに、どこか懐かしい感じがします。
日本一古いと言われる仲見世通りの商店街で、行列が出来るほど人気のきびだんごや、焼きたての香りが堪らないジャンボメロンパンなど、食べ歩きをしながら、気楽に観光を楽しむ事が出来る場所です。
また若い人に人気の観光スポットだと、浅草花やしきがあります。
浅草花やしきは、日本で最古の遊園地として有名です。
遊園地は最新の設備が整った東京ディズニーランドやUSJの方が面白い。
そう思う人もいるかもしれませんが、60年の歴史があるローラーコースターはその耐久性は大丈夫?とキシむ度に不安になったり、またビルの間を走り抜けるため、ぶつかるのでは?などといろいろスリルを味わう事が出来るコースターです。
そしてスカイツリーも観光スポットとして人気があります。

吉原に来たら食べたい料理

吉原に来たら是非食べて欲しい料理があります。
それは桜なべという郷土料理です。
馬肉を使ったなべで、馬肉はヘルシーな上に、滋養強壮にいいと言われる食べ物なので、昔の人も吉原遊郭に行く前に桜なべを食べていたと記録が残されています。当時は20店舗近く桜なべが食べられるお店が吉原近辺にあったようですが、現在は1店舗しか残されていません。ですが、そのお店は明治から続く老舗で、本当に美味しい桜なべが食べられるお店なので、吉原に来たらぜひ食べておきたい逸品だと言えるでしょう。
そして吉原では、天ぷらも昔から人気があります。
「一に浅草、二に観音、三に三定の天ぷら」という言葉があるぐらい、天ぷらが多くの人に支持されてきました。
天ぷらにはあまり滋養強壮のイメージはないかもしれませんが、エビやイカ、ニンニクの芽などの天ぷらは、滋養強壮にいいと言われていますし、お昼からボリュームのあるモノを食べ、夜に備えるのもいいですよね。

吉原の歴史を知ろう

現在の吉原は、日本一のソープ街ですが、その歴史は古く、なんと400年以上前から吉原は存在しているのです。
もっとも今の吉原と昔の吉原とでは、全く雰囲気は違っています。
昔は吉原遊郭と呼ばれ、人身売買を行う事で遊女を確保し、売春行為が行われてきました。
遊女は華やかな世界に見えますが、上下関係に厳しく、また労働環境も深夜まで働かされていましたから、今でいうブラック企業です。
借金を背負い、任期が終わるまで20年近く働かされたり、その前に梅毒などの病気にかかり死んでしまう遊女も数多く存在します。
戦後になり、売春禁止の法律により、一時は衰退にまで追い込まれますが、その後トルコ風呂として吉原は見事復活を遂げ、現在のソープ街の原形が出来上がります。
歴史は知らなくても、観光は楽しむ事が出来ますが、歴史を知っていた方が、より深く観光は楽しむ事が出来るでしょう。
■参考:吉原ソープ http://asageifuzoku.com/tokyo/area/yoshiwara/